?最適な効率のために設計されたオフィス空間であるこの記事では、従業員に迅速に作業し、そのワークスペースに簡単に移動する自由を可能にするオフィス環境を作成するのを助けるのヒントを提供します細目は、オフィスからオフィスに異なる場合がありますているが、以下の情報は、誰もが恩恵を受けることができ、そこから有益で重要なガイドラインが含まれています。 私たちのほとんどは、より頻繁に、プライバシー、スペース、創造性やインスピレーションを得るために許可していない小さな個室ではないこと、オフィスに閉じ込められ私達の時間の大半を、過ごす。それはあなたのワークスペース(または家をパーソナライズすることが重要である理由です家から離れて)。オフィススペースのデザインは思想と対価の途方もない量を必要とする。オフィス空間を設計する多くの一般的なアプローチがありますが、あなたとあなたの従業員がビジネスの成功の鍵となる可能性のために働く適切なデザインを見つける。 たとえば、スペースは効率に大きな役割を果たしています。シェフがキッチンでの動作方法について考えてみてください。彼らは、正確、迅速かつ慎重でなければならない。これを効果的に行うために、彼らは場所専用組織三瀬を持っている必要があり、またはスペース。場所専用三瀬は文字通り片側にピボット、 "場所に置く"と彼らが食事を用意する必要があるすべての項目を保つところシェフの駅を指します。この三角駅は、彼らが一つの場所に立つことができ、食材を集めることを意味とコンロで働く。 同じ概念は、オフィスワークステーションに適用することができますここでは、効率性と素早さを向上させることができ、オフィス空間デザインのためのいくつかのヒントがあります。: オープンオフィススペースのデザイン 多くのオフィスでは、従業員間のより良いコミュニケーションを刺激するためのオープンなオフィス空間デザインに変換していますので、オープンオフィスのワークスペースに何ができるかには限界は、しかし、があります。オフィス家具のレイアウトはオフィスの壁やキュービクルの欠如によって制限になるパーティションは。可能な場合には、各ステーションは二つの壁を持っているように、コーナースペースにワークステーションをセットアップすることを選択した後、仕事先の三角形のスペースを作成するファイリング引き出しとL字型のデスクを使用しています。 プライベートオフィススペースデザイン 一部の組織では、各従業員の窓付きの専用オフィスを与えることによって、彼らは士気を高め、重要性の感覚を促進することがわかります。実際に、オフィスデザインのこのタイプの品質は自己イメージ、やる気と熱意に影響を与えることができ、作成生産性と効率を高め環境。欠点プライベートオフィスには、彼らが個人として偏析の社員そのメンタリティを作成することです。チームワークの考え方の欠如は素晴らしいデザインで解決することができます。 "交差点"を作成することで、オフィスどこの真ん中に従業員はあなたのオフィス一緒にみんなをもたらす集中型の感じを与えることができ、会うことができます。この "交差点"はファックス、コピー機、メッセージボードや作業カウンターのようなものを収容することができる。 床から天井までの窓とデザイン 床から天井までの窓が付いているオフィスのデザインは自然光と驚異的なビューの偉大な量を提供するが、彼らはまた、ワークスペースのレイアウトのためのいくつかの課題を提起することができます。このレイアウトでは、デスクは通常、反対側の壁にファイリングキャビネットと、壁一面に配置される。可能であれば、あなたのドアと同じ壁に壁のスペースを利用して使用するか、またはより小さいスペースの三角形を作成するにはL字型のデスクを使用する必要があります。 恐らくオフィス空間デザインの最も重要な側面は、右のデザイナーと協力していますあなたは自由にあなたの意見を共有することができ、誰と良いデザイナーを雇う。あなたが好きと嫌い、より一緒に、より効果的にプロセスを助けることを指摘することができること。プラス、それは両方の当事者が協調と計画の努力が彼らのピーク時である環境を作成、常にお互いに事前にすることができます。